IMG_1101


小売店のパートで、喘息持ちなのが周囲に知られてしまい

店長さんからも注意を受けました。

こうして一人休憩室にいても、何となく肩身の狭さを感じますが

自らがまいた種です。

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



スポンサーリンク




「うちとしては、従業員が具合の悪そうなところをお客さんに見られるのは

イメージが悪くなるから気を付けてほしい」



これが店長さんから一番強く言われたことでした。



「すみません、気を付けていればほとんど発作は起こさずにここまで来たので

もう大丈夫だと思って…」



と私が答えていると、途中で店長さんが遮るように言いました。



「だけどね、発作の薬を持ってるっていうのは、いつ発作が起きるか

分からないから持ってるんでしょ?

そういうのは大丈夫と言わないから」



まさしく正論で、なにも言葉が思い浮かばず、私はもう一度

「すみません」

と謝りました。



今後、私はレジ以外の作業中、必ずマスクを着用することになりました。



「本当だったら完治するまで店頭には出てもらいたくない」

と言う店長さんも、私が一人で生活していてパートも生活が懸かっているのを

理解して、注意だけで済ませてくれたような気がします。


ともかくこれからはもっときちんと自己管理しなければ…

せっかく2年半務めてきた職場を、簡単には去りたくないのですから。


スポンサーリンク



ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



 カテゴリ
 タグ