pexels-photo-209065


昨日、引っ越しました。

とにかく疲れました。

クタクタです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ



スポンサーリンク




昨日の朝、最後の荷造り。

荷造り自体は滞りなく終わったけれど、一番大変なのは猫をキャリーに入れることでした。



部屋中が箱だらけになり、扉の付いた家具はガムテープで扉を固定されて

猫なりに何か異常なことが起こっていると感じ取ったようで、走り回って

全然捕まえさせてくれません。



前の引っ越しは、元ダンナの目を盗むようにして、休日の度に持ち物を少しずつ

新居に移したし、家具の持ち出しはほとんどなかったので

猫もあまり違和感を覚えなかったようで、それほど苦労しなかったのですが…



それでも猫の胴体を毛布にくるむようにして、なんとかキャリーに入れました。



午前10時には運送屋さんが到着。

箱や荷物を次々トラックに載せていきました。



前回は荷物が少なくて、運転手さん一人と私で荷物を運びましたが

今回は引っ越し先にエレベーターがなく、冷蔵庫や洗濯機を運ぶのは私では無理です。



もう一人作業員の方を増やしてもらい、自分でもいくつか段ボール箱を運んだけれど

荷物の搬送は、主に運送屋さんにお願いすることに。



引っ越しのトラックが出た後、自分もタクシーを拾って

貴重品とキャリーを抱えて新居に移動。

荷物の搬入と、家具・家電を決めていた場所に置いてもらいました。



運送屋さんに料金の支払いも終わり、昼過ぎには

積み上がった箱で雑然とした部屋に、1人と一匹だけになりました。



とりあえず箱を壁の方に寄せて、灯油ヒーターを点け

猫の餌場とトイレをセッティングして、キャリーの扉を開けたのですが

今度は出てきません。



飼い主の勝手で振り回して、申し訳ないと思いつつも

午後からは前のマンションの引き渡しが控えています。



キャリーの扉を開けたまま部屋の隅に置くと

自分は前日に買ったツナ入りのランチパックを、1個4口くらいで急いで食べ

前のマンションにタクシーで戻りました。



今朝まで住んでいた部屋はがらんとして、でも家具や家電があった場所に埃が

塊になって、生活感だけが残っているようです。



部屋の隅に残しておいた雑巾と掃除機で、30分くらいかけて全体を掃除し

終わったらバッグに掃除機とビニール袋に入れた雑巾をしまうと

約束の時間まで待機。



午後2時過ぎに管理人さんが部屋に来て、全体をくまなく調べ、傷や汚れがないか

チェックしていきました。



その様子を見ていると、自分で気付いていなかったところに小さい傷などがあったようで

チェックシートに2~3箇所チェックを入れられて、敷金が戻るか戻らないかよりも

原状回復費がかかったりしないか、ちょっと不安になりましたが…



とにかく確認作業が終わり部屋を出て鍵をかけると、管理人室の前まで戻り

今使ったばかりのその鍵を管理人さんに返し、引き換えに鍵の返還書を受け取って

部屋の空け渡しは終わりです。



そのまま、またタクシーで新居に向かおうかと思い、財布の中を確認すると

中身が1000円くらいしか残っておらず…



掃除機の入った大きいバッグを抱え、バスに乗って帰宅すると

猫はキャリーから出ていて、積んだ段ボール箱の一番高いところで

香箱座りをしていました。



部屋のあまり荷物がない部分に腰を下ろしたら、一気に疲れが出て動く気になれず

床の上で膝を立てた仰向け状態になって、小一時間ほどを過ごしました。



続きは明日、新しい記事で。


スポンサーリンク



ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



 タグ