pexels-photo-372974


昨日、短時間のパートの面接に行ってきました。

面接が行われたのは、テーブルと折りたたみ椅子が数脚置かれた

従業員の飲食スペースといった感じの小部屋でした。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク




面接相手の店長さんは、40歳後半くらいでガッシリした感じの、声が大きい男性です。

履歴書は要らないと言われていたけれど、一応持って行って最初に渡しました。



店長さんは履歴書をチラチラ見ながら、志望動機、希望する曜日と時間帯

通勤に要する時間などについて尋ねてきました。



・他で半日のパートをしているが、生計を立てるためにもっと働きたい。

・昔、近い職種でアルバイトをしたことがあったので、仕事の内容にも興味がある。

・午後3時から今勤めているパートが始まるので、昼の時間帯、できれば

 午前11時から午後2時までの3時間働きたい。

・土日祝日も働ける。

・通勤は地下鉄とバスで乗り換えの待ち時間を入れて35分くらい



それぞれの質問に上のような感じで答えると、店長さんは

「はいはい、ああ、なるほど…」と相槌を打っていました。



仕事の大雑把な内容も含め、一通り話が終わった後、先方から言われたのは

「じゃあ、時間帯はそれでいいんで、明日から来れますかね?

曜日は金、土、日、月に来てもらえるとありがたいんだけど」



飲食店のバイトだと即決というパターンはあるけれど、この数年でここまで

時間のかからない仕事探しは初めて。



反射的に笑顔で

「ハイ、よろしくお願いします」

などと答えながら、内心

(えっ?もう?決まっちゃった?明日から?えー?)

と事態について行けない感じがちょっとありました。



どちらかと言うと、こちらの人となりよりも、土日祝日の忙しい時間帯に

働けるかどうかが最大のキーポイントだったようです。

それだけ人手が足りないのでしょう。



この後初出勤です。

一晩たって、心の準備が8割くらいできましたが、2割くらい「あれ?」という感じが

まだ残っているのですが、急いで気持ちを切り替えないといけないですね。


スポンサーリンク



ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加