a0001_013633


朝、出来上がった副業の荷物を郵送したあと、そのまま美容院へ。

いつもは割とカジュアルな服装ですが、今日はグレーのスーツで行きました。

上着は着ると少し暑くて、腕に掛けていましたが。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク




けっこう付き合いの長い担当の美容師さんは、散髪用のケープを私の首に巻きながら

「もしかして面接ですか?」

と聞いてきました。



このあと履歴書用の写真を撮ると伝えると、美容師さんは

「だったら、キリッとした感じにします?」



何をどうするとキリッとなるのか、今ひとつピンとこないままでしたが

これまでもお任せにすると、大体OKな仕上がりになってきたので

「じゃあ、それでお願いします」

と答えました。



すると、いつもよりザクザク髪がすかれて、正面から見ると少し短めになったかな?

という雰囲気だけど、後ろから見るとほぼショートカットに近いような

ボブになっていました。

色も前回よりも暗めのブラウンに染めて、全体にかなりスッキリした雰囲気です。



自分の感覚だと見慣れていないせいもあってか、ちょっと違和感があるけれど

面接にはちょうどいいのかも。



とにかくシャンプーが楽な頭になりました。

8千円余りの出費は少し痛いけれど、これも投資です。



美容院を出て、近所にある証明写真のボックスに入りました。

椅子を調節して、スーツの上着を着て、少し口角が上がるように表情を作って、撮影。



出来上がった6枚の写真を見ると、また一段と老けていて、うわぁと思ったりして…

いや、年齢相応といえば相応だし、今この一瞬も年を取り続けているのです。

これが客観的に見た自分なんだよなあと思いつつ、写真をバッグにしまいました。



何はともあれ、これでいつでも履歴書を用意できます。

ようやくスタートラインに立ったところです。


スポンサーリンク



ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました



 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加