shoyama20150110-540x360


自分の配偶者が他の異性と深い関係になった場合、相手を許し再構築するか、離婚するか
どちらかを選ぶことになります。

ただし再構築には有責の配偶者の深い反省と、された側のフラッシュバックに耐える覚悟が必要です。

離婚すると決めた場合に問題なのは、浮気している側が巧妙に証拠を隠している場合。

証拠が無ければ、調停でも配偶者の有責を立証できません。

そんな時、調査費用の当てがあるなら、探偵社や興信所に依頼した方がいいでしょう。

浮気現場の写真等、自分では手に入れることの難しい、かつ明らかな証拠を押さえられます。

離婚する場合はもちろんのこと、離婚はせず、浮気相手にのみ慰謝料を請求する場合にも使えます。

また、配偶者に対してもシラを切らせず反省を促す意味で、証拠を揃えることは大きな意味があります。



最後まで読んで下さり、ありがとうございます。この文章があなたのお役に立てますように。
このエントリーをはてなブックマークに追加