news-newsletter-newspaper-information-158651


勤務先では基本的に生ものは売っていないのですが、例外はあります。

冷凍食品売場に業務用の豚ひき肉を置いているのです。

一袋単位がかなり大量なので、今まで買ったことはありませんでした。


にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ


スポンサーリンク




行きつけのスーパーで肉を買うと、結構な金額になります。

もし冷凍ひき肉で事が足りるなら、そちらにしてみようと思ったのです。



ただ、うちの店に限らず、冷凍だと材料が国産ではないことがちょくちょくあるので

それが心配でした。

魚介類はノルウェーなどの外国産でもさほど抵抗はないのですが…



いや、外国産と言うと語弊があるかもしれません。

◯国産の食品を口に入れるのに抵抗があるのです。



食品偽装は国内でもあるにはあるけれど、向こうの食品偽装は明らかに食用ではないものを

混ぜてくるような、大胆な偽装が多いので、ちょっと…

かなり昔ですが、業務用スーパーの◯国産ひき肉を買ったら、中に骨の欠片が

入っていたこともあります。



冷凍食品は平たく置いてある売り場なら、まだ手に取ってしっかり確認できるけど

扉の付いた冷凍庫に入っていると、なかなかゆっくり見られません。

職場でも「冷凍庫の開閉は極力時間を短く、回数を少なくするように」と言われています。



仕事が終わって着替えてから、こそこそと売り場の冷凍庫からひき肉を取り出してみました。

パラパラしていて使い勝手は良さそうだけど、裏の文字が小さくて、なかなか製造元が

見つかりません。



手が冷たくなりそうになった頃、ようやく見つけた文字は

「生産地・中国」



あー…やっぱり安いだけのことはありました。残念…

結局いつものスーパーの売上に貢献することになりそうです。


 
スポンサーリンク



ランキングに参加中です
応援していただけるととても励みになります

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へにほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

最後まで読んで下さって、ありがとうございました


 関連記事
 タグ
このエントリーをはてなブックマークに追加